• Facebook
  • メンバー登録
  • お問い合わせ
ライフ
2018.05.01

【ハンサムウーマンへの道は険しい!(^^)!】vol.14変化を味方につけたいな

ハンサムウーマン協会のsmileまい子です(^o^)丿

新年度が始まり1ケ月が経ちました。
新入社員の皆さんは初任給をいただき
GWを楽しまれたこと・・・
もしかしたら大型連休で今日もお休みかもしれませんね。

園生活、学校生活の皆さんは
新しい担任の先生、クラスのメンバーにも
だんだん慣れてきた頃ではないでしょうか。


今回は担任の先生の存在の偉大さについて
感じたことをお話します。

4月から我が子の生活態度が変わりました。
主に3つあります。
1、鉛筆の持ち方
2、箸の持ち方
3、忘れ物に対する意識

我が家の小学生の担任の先生
今年は他校から転任した30代の男性



と、思っていたら
先日、クラスメイトが先生に年齢を聞いたら
20代ということがわかりました。
体つきもガッチリ、話しぶりもしっかりとした方だったので
+10歳になってしまいました。
我が子も30代だと思うと言っていたし
私もお会いして、そう感じていました。
先生、大変失礼しました。

公開授業でも
子どもたちのテンポに飲まれることなく
淡々と授業を進めていらっしゃる
親がいるからか 多少の緊張感もあり好印象でした。

これまでの担任の先生にも
1年生の時、鉛筆の持ち方の指導をお願いしたのですが
本人の意識がなく、いくら声を掛けて頂いても変化なく・・・
鉛筆が上手く持てないと箸はさらに難しく
親が言っても聞く耳持たずなので
本人が気づくまで待っていました。

忘れ物に関しても
前の日に時間割をして
翌朝、学校に出発する前に確認すれば忘れ物は防げる。
これは私が小学生の頃に実施していたことなので
子どもにもそのように話していましたが、実施せず。

しかしながら今年度に入ってから
この3つを改善しなければいけないと気づいたようです。
担任の先生は厳しい!と感じて
自分を改めなければいけない、と。

親としては、良い先生に当たった~
担任の先生の存在は大きいなと感じました。
今年一年かけてできるようになって! と、祈るばかりです。


変化することはエネルギーを使います。
慣れてしまえばなんてことはないのでしょうが
慣れるまでが大変。
大きくジャンプする前は痛みを伴います。


どうやったらできるようになるか考え、行動しよう。
変化を楽しもう!
新しい自分に出会えるはずだから。


今日も笑顔いっぱいの1日を!
ログインする
申し込み確認
[メンバーフォーラム]
グローバルで活躍する人材とは?
日時
2016年◯月◯日(月)19:00〜
会場
ウインクあいち
定員
○○人
講師
○○○○○○さん
費用
○○○○円

このイベントへの参加申し込みを行います

このコンテンツの閲覧には、会員登録が必要です。

会員登録をされていない方へ

会員登録を済ませていない方は、
下記のページよりお手続きください。

会員登録する

既に会員登録済みの方へ

登録メールアドレス・パスワードを入力して、ログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら